2012年6月1日三石山・観音山

三石山 標高450m

広島で登る山がなくなってきた。
仕方がないのでインターネットで検索し、ガイドブックには載っていない山に登ることにした。

三石山は「みついわやま」と読むそうだ。
熊野営業所から徒歩で行ける。
熊野営業所から先はバス便がかなり少ないが、熊野営業所までなら本数があり便利だ。

こういったあまり知られていない山を登る上で最も難しいのは登山口を見つけることだ。
中央コースを登ろうと思っていたのだがどこか分からず、結局大原ハイツから大原コースを登った。

マムシに注意!



蒸し暑い!
低山登山に適さない季節になりつつある。

思ったよりもよく整備された道。



三石山山頂には巨石がいくつもあり、宮島の弥山に似ている。
その上からは絵下山、鉾取山、野呂山、灰ヶ峰など360度の絶景が楽しめる。

山頂の巨岩











熊野の街並みと鉾取山。





絵下山





南、灰ヶ峰方面の眺め



その先、尾根道の縦走がまた楽しい。
蜘蛛の巣はあるが、道はしっかりとしている。










途中いくつもの巨石があり、展望が楽しめる。
信仰の対象となっている岩もある。




くぬき観音はこの岩の隙間に祀られている。
一体どういうバランスなんだ?
昔の人も不思議に思ったのだろう。



観音山もまた素晴らしい展望。
巨石に錆びた細い鎖が下がっていて、そこを登ると小さな祠が祀られていた。





供え物がまるで今朝供えられたかのように新しい。
右遠方に絵下山。



さらに進み車道に出て、そこからは車道を歩いて熊野営業所まで戻った。
この先の縦走路もあるようだ。






先ほどの祠が見える。



絶景また絶景、岩登りも楽しい。
なぜこの山がガイドブックに載っていないのか不思議だ。
初心者もコースを選び岩に登らなければ大丈夫。
ぜひ訪れて欲しい山である。






inserted by FC2 system