2012年4月23日七国見山

標高457m

近所のI氏に乗せてもらい、水尻のベイサイドビーチでT氏と待ち合わせ。
乗り合わせて呉、広を経由し、安芸灘大橋を渡る。
1kmで片道700円とかなり高い橋だ。
下蒲刈島からさらに橋を渡って上蒲刈島へ。
島はのどかで明るい雰囲気、ツツジがいたるところで咲いている。

ウォーキングセンターは休館日だった。





その右奥に登山道がある。



少し登ると観音像のある展望台。
ここからの眺めが素晴らしい。
今日は霞んでいて四国などは見えなかったが、瀬戸内海とそこに浮かぶ島々の眺めを楽しんだ。










これはT氏の作品。
望遠レンズがあればここまで寄れる。



高度を上げるとさらに眺めはよくなる。
西楽寺付近からは西側の眺めも広がる。
新緑やツツジが美しい。
いい季節だ。

マンサク





上の写真を撮っている私を撮影したT氏の作品。




ツツジ





稜線に出て、西方面の眺めを楽しむ。





少し登って振り返ると、まだ撮影中のT氏。



山頂には展望台があるが、ここからの眺めはいまいち。

そのまま西に下ると車道に出る。
近くの農家ぐらいしか使わないと思われる、車がまるで通らない道だ。
ここを左に曲がり、山の中腹を絶景を堪能しながら歩く。






モリシマアカシア



途中採石場上部に海に突き出た絶壁の岩峰。
両端が切れ落ち、落ちれば間違いなく命はない。
ゾクゾクするのもまた楽しい。

先を行くT氏。





採石場を見下ろす。





T氏の作品。





T氏の作品。





コデマリ





ネズミ?



その先に展望所があるが、ロープが張ってある。
崖の上に木造の東屋を建ててあるのだが、床の木が痛んでいる。
今はまだ大丈夫だが、いずれ誰かが踏み抜きそうだ。
せっかく建てたのだから補修すれよいと思うのだが。

T氏の作品。
手前を大きくぼかす手法が見事だ。



その下に桜の木がたくさん植えられた公園があり、満開の時は見事だろう。

T氏の作品。





T氏の作品。
空間の演出が素晴らしい。



そこからさらに下るとウォーキングセンター。

今回は山と渓谷社「広島県の山」を参考に歩いたが、本に乗っていない緊張感のある岩場など、なかなか楽しめる山だ。



inserted by FC2 system