12月2日牛田山

二葉山 尾長山 牛田山 神田山 見立山
低山だが広島駅からすぐという立地のため、これだけピークに名前がついている。

標高261m

広島駅9時40分出発、牛田旭バス停12時20分到着
所要時間2時間40分、休憩30分、歩行時間2時間10分

以前広島駅新幹線口から東に少し歩いたところに住んでいた。
東照宮の石段を上がり仏舎利塔というコースは週に2,3回トレーニングで使っていた。
あれから何年も経ち、記憶があるところとないところがある。
東照宮は修復中だった。
その右側の道は急な坂道なのに車が頻繁に通る。
タクシーも多い。
長崎は日本でいちばんタクシーを利用する県だそうだが、坂道が多いとタクシーを使いたくなるのだろう。

東照宮から続く鳥居を通り登っていく。


あっという間に二葉山に到着。
この程度で運動したと思っていたとは何と軟弱な!

仏舎利塔から車道を下り、最初の道を左折してさらに下る。
このあたりはママチャリがない。
電動自転車とマウンテンバイクを見かけた。
この坂道ではママチャリは使い物にならないのだろう。

住宅地を直進し、マンションの左奥からこれが初心者コース?と思うほどの荒々しい急傾斜を登る。
着いたところが尾長山。
そこから西方面の眺め。
左に大茶臼山、中央は宗箇山、右は丸山。



一旦尾根に出てしまえば、よく整備された快適な尾根道。
トレイルランニングしている人を見かけた。
さすが牛田山、平日というのにすれ違う人が多い。

低山なので紅葉がまだ見られる。
進行方向は順光なので、写真にするには時々振り返って逆光を狙わなければならない。

牛田山山頂から南方向の眺め。
中央は仏舎利塔のある二葉山、左は尾長山、その向こうに黄金山が霞んでいる。





北西方向、左は火山、中央は武田山、右遠方に荒谷山。



牛田山からの展望もなかなかいいが、この山は展望ポイントが何か所もあるというのがいい。
快適な尾根道を緩やかにアップダウンしながら進み、各所で休憩する。
ゆったりと過ごす山だ。
私も写真撮影のため休憩がつい長くなってしまった。

神田山から南方向、広島市中心部方面の眺め。
美しい紅葉の先、中央遠方に、念じればあたなにも似島がきっと見える!




見立山の展望ポイントからの眺めも素晴らしかった。
スクロールしてご覧ください。
左から快適な尾根道の先に尾長山、仏舎利塔のある二葉山、広島市中心部、右に鈴ヶ峰、柚木城山、大茶臼山。


この先、牛田旭バス停に行くには途中で右折しなければならないのだが、そのポイントが分かりにくい。
直進していると徐々に怪しくなり、浮浪者の段ボールの家?の先で崖になる。
右折してマンションの裏を通り、舗装道路に出る。
ここから数分でバス停のある大通りに出るのだが、いきなり都会で登山の格好だと不審者に見られかねない。

広島での登山入門にうってつけの便利なアクセス、易しい登山道。
展望ポイントがいくつもあるというのもうれしい。


inserted by FC2 system