6月6日天狗城山・絵下山


呉ポートピア駅6時8分出発
坂駅11時26分到着
所要時間5時間18分
歩行時間は多分4時間18分ぐらい

目が覚めたら用意して行こうと思っていたが、目が覚めて時計を見ると4時。
さすがに4時はないよなあと思ってもう一度寝ようとしたが、寝られなので始発で行くことにした。

5時38分頃、坂山からの日の出。
安芸中野駅で撮影。



安芸中野駅5時41分発の電車に乗り、海田市駅で呉線に乗り換え。
呉ポートピア駅には6時5分到着。

駅から左、呉方面に5分歩き、踏切を渡り、広島呉道路をくぐると登山道の標識がある。
一般の方はここから天狗城山に登るだけで十分満足できるだろう。
素晴らしい眺めの山だ。
眼前に広がる瀬戸内海と島々を堪能した。
ただし、ここを登るの?と思うほどの岩場がいくつかあるので、初心者はやや苦労するかも知れない。












呉線の電車。





手前は呉ポートピア、向こうに江田島。









まだ朝の6時台で誰もいない。
まるで夕暮れ時のように、景色はまだ柔らかく薄いピンク色をしている。
眺めのいい岩で新しいカメラを試した。
スイングパノラマは感動的だ。
私はこういう写真が撮りたかったのだ。
スイングパノラマには標準とワイドがあり、標準は割と簡単に撮れる。
しかしやはりワイドの方が楽しい。
何と180度も撮れてしまうのだ!
ただし、ワイドは撮り方に慣れないといけない。
速すぎても駄目、遅すぎると今度は途中で終わってしまう。
まず終わるポイントを決め、そこから体を捻ってスタートポイントにカメラを固定する。
そこからシャッターを押し、カメラを水平に動かしていく。
水平がずれすぎると撮影できないが、多少のことは許してくれる。
これを習得するのに20分ぐらいかかってしまった。
最初のうちしばらくは、なぜワイドにすると途中で終わってしまうのかが分からなかったのだが、結局動かすのが遅すぎたのだ。
出来上がった画像は素晴らしいの一言!
多少上下しているのに、なぜそれによるずれがないのか不思議だ。
一体どうなっているのだろう?










天狗岩。
ここからの眺めもすばらしい。
今度絵下山から縦走してみたい。





いくつものピークを越えて、絵下山までこれから縦走する。
















先日ビックカメラで、このカメラと一緒に偏光フィルターを購入してレンズに装着していた。
数十枚撮影してようやく、四隅が広角にすると少し暗いのに気がついた。
kenkoを買おうと思ったのだが在庫がなく、ハクバのフィルターを買ったのだが、これがこのカメラと合わないのだ。
原因はフィルターの厚み。
10mmある。
他のメーカーでも同じ厚みなら同じ現象が起こるだろう。
NEX−5、NEX−3を購入される方は気をつけてください。

仕方がないのでフィルターを外して撮影を続ける。

ああ、PEN、君の色はよかった。
やや濃いめだが、何とも言えない魅力があった。
まだ慣れていないせいか、NEX−5の色にやや違和感を感じる。
私はあまり青いのは好きではないのかも知れない。
景色はまだ赤みが残っているはずなのに、スタンダード、ビビット、風景、どれにしても見た感じより青いのだ。
仕方がないのでしばらく夕景で撮影する。
PENだと赤くなりすぎるが、NEX−5の夕景モードは淡いので、丁度見た感じに仕上がる。
画像は驚くほどクリアで、細部まで明確に表現されている。
圧倒的な解像度だ。
色については今後研究が必要だろう。

天狗城山のいくつかの岩場では、スイングパノラマの練習などでかなり時間を食ってしまった。
そこからアップダウンを繰り返し、中天狗、小松尾山を過ぎる。
小松尾山はなかなかいい展望があった。




右に灰ヶ峰。





広島市方面。
中央やや右に黄金山。





黄金山を望遠で撮影。





絵下山から下る予定の明神山。



二艘木峠、市光山を通り絵下山へ。
久しぶりだが、せっかく午前中の早い時間に来たのに霞んでいるのが残念。

絵下山山頂からの眺め。





山頂の先にある展望台からの眺め。



明神山への道が分からなかったが、少し探すと標識があった。
今回はかなりの健脚向きコースだが、全体に道はよく整備され、歩いていて気持ちよかった。
明神山を過ぎ、急坂を下り、しばらく行くと高尾山城跡。
ここも高尾山か。
一体全国に高尾山はいくつあるのだろう。
ここからの眺めがすばらしい。
しばらく眺めを楽しんだ。

左は天狗岩。



ずっと薄曇りだったが、晴れてきたので風景モードで撮影してみた。
やや青っぽいのが気になるが、全体に非常にクリアに写る。











NEX−5は、花を撮る時寄れる距離はPENと同じで大したことはないが、細部は驚くほどクリアに写っている。
これには感動した。






上の写真をトリミングしてみた。




















坂小学校方面に下るのだが、傾斜地に昔からの民家が建て込んだ細い路地で、一体どこが正しい道かよく分からない。
坂駅から来ようと思っても、いまいち自信が持てない。
坂小学校の先からしばらく川沿いに下り、線路の手前を左に曲がってしばらく歩くと坂駅に着く。

今回はフルコースを堪能した。
天狗城山、絵下山、高尾山城跡、どれも見事な眺めだ。
ただし、一般の方は真似をしないでください。
時間がかかりすぎ、途中で力尽きるかも知れません。



inserted by FC2 system