2010年5月丹沢2

<二日目>

4時半に外に出ると、日の出前の感動的な光景が広がっていた。
東京方面は雲の下だ。





西方面、檜洞丸の向こうに富士山、右は大室山。





雲海に包まれた大室山。





日の出を待つ人々。





4時43分、雲海から太陽が顔を出した。


山で最も感動的な瞬間だ。
ある程度以上高く展望のいい山に登り、山頂近くの山小屋に泊まり、日の出を見る。
日の出とともに歩き始めるのもいい。
景色が昼間とはまるで違う。
これこそが山の醍醐味である。

5時朝食。
5時42分出発。
朝の柔らかい日差しで、見るもの全てが美しい。















富士山もこれが見納めか。




徐々に雲が上がってきた。



しばらく下ると、展望がなくなり、曇ってきた。
景色が楽しめないと歩くのは速くなる。
それじゃ9時23分のバスに乗ってしまおう。
本には所要時間4時間20分と書いてある。
私の足なら3時間40分もかからないだろう。
ペースを上げ、ひたすら下る。

焼山山頂には展望台があった。
上ってみたが、残念ながらすでに辺りは雲に覆われ、掲載するほどの写真は撮れなかった。





美しい新緑の中を下る。


焼山登山口には8時56分到着。
所要時間3時間14分。
焼山登山口バス停にはバスが2時間に1本しか来ない。
これは平日の話で、休日は何と1日2本!
これはひどい。
バス停で待っていると、お爺さんが話しかけてきた。
「あんた、遠くから来たのか?」
「東京か。うちの子も東京に行ってしまってなあ。」
と遥か遠くを見た。
そんなに東京って遠い?
これから帰るんですけど。
ここから三ヶ木(みかげ)までバスで17分、三ヶ木から橋本駅まで45分。
確かに遠い。
神奈川県にこんなところがあるのかと驚くほど山深いところだ。

橋本駅からは、八王子、西国分寺経由で帰宅。
遠かったが、それでも12時前に着いた。
さて、しっかり練習しないと。


inserted by FC2 system